相続税対策 孫に○○!

孫に贈与

目からうろこの相続税対策

わたしには、子どもに残す財産は今住んでるマンションぐらいで他にはありません。
ですから、相続税の対策などまったく関心がありませんでした。

どちらかというと、今有る負債(借金)をなんとかわたしが生きてる間に
処理したいといろいろ調べていました、

エンディングノートはかなり前からぼちぼちと書いております。
その中には葬儀のことも希望を書いてあります。

最近、その葬儀社のコラムを読んで、あっと声が出るほどびっくりしたことがありました。
そこにはこう書かれていました。

孫への贈与には、相続税は課税されない!

孫は相続人ではないんです!!
孫の親がまだ生きている場合ですが・・・

こんな裏技があったとは!
しかも違法でも何でも無いんです。

エンディングノートに葬儀の希望を書くのも終活ですが、
孫の喜ぶ姿を見ておくのも一つの終活かもしれないです。

この手法はケースによっては絶大なる節税効果をもたらすことがあるようで
相続税対策で頭を悩ませている方には朗報です。

って、ご存知だったかも知れませんね。
孫への贈与には注意点もあるようなので、このコラムをチェックされるといいですね。

 

心に残る家族葬

0107ending
 
 
0106割引券

 

わたしが『孫への贈与』を読んだのは「心に残る家族葬」という葬儀社のコラムです。
葬儀コラムのコーナーは初めて知ることばかりで、なかなか興味深いコーナーです。

会員限定の割引サービスがあったり、無料の資料請求で7,000円の割引券ももらえたりして
けっこうユニークで面白いです。

わたしのエンディングノートには、心に残る家族葬のパンフレットと割引券をホッチキスでとめてあります。

互助会を解約 ついでに葬儀の資料を用意しました。

0104

知人から聞いたんですが、互助会に入っていたけど葬儀の依頼はしなかったそうです。
ネットで調べて、家族葬を依頼したそうですが、互助会を使うよりかなり安く収まったみたいです。

私も互助会の葬儀はどうも高くなりそうな気がしていたので、結局解約しました。
担当の方はしぶってはいましたが、今は解約を希望すると応じないといけないようです。

ついでに葬儀の資料も請求して、エンディングノートに希望の葬儀社として添付してあります。
私の希望なんですから、残された私の家族もあれこれ迷うこともないと思っています。

7,000円割引券ももらえたので、これもつけてあります。

0106割引券
0107ending

 

 

互助会を解約すると、解約手数料を差し引いた額が戻ってきます。
一般的には、積立金の10%~20%程度を解約金として徴収することが多いようです。

それでも今の時代、別の葬儀社に依頼した方が安くつくケースがほとんどです。

あまりに高額な解約金を請求されるようでしたら、各地の経済産業局消費経済課や、消費者センターに相談するべきです。

語学・国際・外国語関連の専門学校 資料請求、願書請求 「なるには進学サイト」

0315gogaku

複数の専門学校の案内を一括でまとめて請求できます。

学びの総合情報サイト 「なるには進学サイト」 です。

他にはもう専門学校がないんじゃない?と思うぐらいほんとにたくさんの専門学校を取り扱っています。

興味のある学校があったら、いくつでも一度に資料を請求できるので、とっても便利!

あなたがなりたい職業や、取りたい資格で選べます。気になる学校があったらまずは資料請求!してみて下さい。

 

希望の職種や取りたい資格などが決まっているなら